建築材料や機材を有効的に使うこと|パーツチョイス

製造に必要不可欠一つでも欠けてはいけないねじの存在

使用されているところ

セラミックスが使われているものとは

セラミックスとは、無機物を焼き固めた焼結体のことである。セラミックスの歴史は古く、起源は石器時代に土が焼き固まる現象(焼結)を使い土器を発明したことから始まる。その後、20世紀になってからセラミックスは大きく活躍の場を広げる。 身近なものでは、食器、洗面台、携帯電話の電子部品等に使われている。また自動車には、数多くのセラミック製品が使われており、代表的なのが排気ガスを綺麗にする触媒である。 セラミックスの特徴として、硬度が高くがもろい、薬品等による腐食に強い等がある。特に耐腐食性については、他の材料に比べ非常に高く、人体の生体材料(特に人工骨)としても使われている。今現在、セラミックスは私たちの生活になくてはならない存在になっている。

私たちを支える陰で支えるボルト

セラミックスの技術が高くなり、近年ボルトとして使用されるようになった。製造技術の向上により、セラミックスの特徴である、耐熱性、耐腐食性、電気絶縁性を生かして高精度のボルトを作れるようになった。主に普通のボルトでは耐えられない過酷な環境下で使用されている。 エネルギー再生分野では、燃料電池、ソーラーパネル、原子炉など高温になるような場所に、耐熱性の高いボルトが使用される。 医療分野では、人工骨の固定など、耐腐食性を必要とされる場所に使用されている。 電気電子分野では、部品固定用に使用するボルトが電気・磁気を帯びている必要がある為、電気絶縁性に優れているボルトが使用される。 この様に、さまざまな分野で必要な性質を持った多種多様なセラミックスボルトが使用されている。

Copyright© 2015 建築材料や機材を有効的に使うこと|パーツチョイス All Rights Reserved.